So-net無料ブログ作成


うちの子の赤ちゃんの時にそっくり。くー、くー

がまんしない医者の食卓 [本]

あまり参考になりませんでした。
体に悪い物を如何に食べないようにするか、という内容です。




内容紹介
1つでも当てはまる方は、今すぐ本書をお読みください。

□歯磨きをしているのに虫歯がある
□ヘルシーだからと菜食を心がけている
□骨を丈夫にするために牛乳を飲んでいる
□トクホ(特定保健用食品)を買うようにしている
□朝食はしっかり食べる
□肉の食べ過ぎはよくないと思っている
□有機野菜を積極的に購入している
□黒糖は精製されていないから身体にいいと思っている
□野菜不足を補うためにコンビニでサラダを買っている
□体重を気にして、ゼロカロリー飲料を飲んでいる

野菜は不要! ?
肉・脂・アルコールたっぷりなのに病気知らず!

「1日3食、バランスよく食べなきゃ!」
「野菜をしっかり摂らないと病気になる!」
「トクホ(特定保健用食品)なら安心!」

もし、あなたが、健康を考えて、
こうしたことを心がけているとしたら、
いますぐやめてけっこうです。

お肉もお酒も脂も
がまんしないで大丈夫。

あなたの本能が求める食事をたのしみながら、
健康に長生きを目指しましょう!

ただし、そのためにはちょっとしたコツがあります。

そのコツについて明らかにしたのが本書です。


本書の著者・内海聡医師は、
日頃、食産業や医療産業のウソや
食品添加物、放射能などの社会毒を
徹底的に糾弾しています。

食について日本一きびしい視点を持っている
と言っても過言ではない内海氏。


そんな内海氏に対して、多くの方は、

「いったい普段何を食べているの?」

と思うことでしょう。

そこで本書では、
内海氏が日々どういった食事を
摂っているのかに迫りました。


すると見えてきたのは、意外にも、
一見、ハイカロリーでお世辞にも健康にいい
とは言われない品々・・・

好きなものをがまんしないで健康を維持するための
内海式食事法を公開します!

※本書は、2015 年7 月に小社から刊行された
『医者が教える あなたを生かす食事 殺す食事』を改題および再編集したものです。


◆気になる本書の内容
本書の内容は以下のとおりです。

Part1 がまんしない食べ方のキホン
こんなものを食べても病気知らず
日本人は、食べ過ぎなのに「栄養失調」
「1日3食」が不健康のもと
栄養価の低下と糖質過多
「白砂糖」だけが悪者なのか?
「牛乳」で骨折率・発ガン率・死亡率が高まる
私たちは1日80種類の添加物を食べている
カット野菜は栄養までカットされている
「ゼロカロリー」なのに太るワケ
不健康になりたければ、「トクホ(特定保健用食品)」を
日本の「農薬使用量」は世界トップレベル
食事の回数を減らせば、「毒の摂取量」も減る
まずは「朝食ぬき」からはじめよう!
「いい食事」は腹持ちする
子どもに「おやつ」は必要ない
「マクロビ」で虫歯や血色不良になる
食事は「季節・風土・丸ごと」を意識する
「和定食」はなかなか万能
玄米ごはんと味噌汁で「放射能デトックス」
糖は糖でも「ネバネバした糖」は摂る
外食は「何を食べる」ではなく「何を食べないか」

Part2 ホンモノの食材の見分け方
まずは「調味料」を変える
●しょうゆ・味噌
●塩
●みりん
●酢
●酒
「安い油」は絶対に避ける
「ココナッツオイル」で性ホルモンが狂う
大半の「オリーブオイル」はまがいもの
米は玄米の「ササニシキ」を
野菜は「自然農」「古来種」を選ぶ
「外国産フルーツ」はポストハーベストがたっぷり
「病気の肉」が流通している
「アメリカ牛」は動物の死骸を食べて育つ
「ブラジル産」は現地人も食べない代物
肉を選ぶ時は「氏より育ち」
魚は「天然・小型・安いもの」を
「ミネラルウォーターvs水道水」はどっちもどっち

Part3 がまんしないための調理法
調味料は「原材料」が少ないものを
野菜より先に「肉」を変える
加熱するなら「煮る」か「蒸す」
「電子レンジ」で栄養素が壊れる
「土鍋」は炊飯器よりも早いし美味い
「冷蔵庫」で栄養素が減る
本物の野菜は腐らず「枯れる」
危ないうえに寿命が短い「フッ素加工」

Part4 がまんしない医者の食卓
食事に栄養だけを求めるのは無意味
肉や魚で栄養を摂り、野菜でデトックスする
こだわりの食材をできるところから
完璧より「長続きすること」を目指す
「防災」のために食材は1週間分をストック
外食は「大手チェーン店」を避ける
子どもの朝食は「ME食」
「体に悪いから食べない」と言える子にするには
春夏秋冬の内海家の味 春のキーワード「苦味」
春夏秋冬の内海家の味 夏のキーワード「体を冷やす」
春夏秋冬の内海家の味 秋のキーワード「ジビエ」
春夏秋冬の内海家の味 冬のキーワード「鍋」
内海家のある日のごはん
エビとアサリのトマトソースパスタ
パプリカとブロッコリーの炒め物/ 鹿肉のステーキ/タマネギとジャガイモのソテー/オクラのごま和え物/ホタテのサラダ
オクラとナスの和え物/ホタテともずくのサラダ/豚肉とミニトマトとズッキーニのソテー
キノコとネギのキッシュ/サバのマリネ/ 牛肉のステーキにニンニクチップとナスのソテー添え
カツオのタタキ/青菜の和え物/お刺身盛り合わせ/豚肉とナスの味噌炒め/いんげんのバターソテー
馬肉のサラダ/オムレツ/ベーコンとズッキーニのパスタ 白身魚とカブとブロッコリーのサラダ/カキと白子のバターソテー/鹿肉のグリル クレソン添え/骨つきラムとズッキーニのソテー
豚汁/ 玄米ごはんごま塩かけ/ 梅干し/ブリの照り焼き/アサリの酒蒸し/しらすとネギとカツオ節和え/山芋とろろ
お好み焼き
ポトフ/砂肝のアヒージョ/山芋のオムレツ/豆腐ステーキと焼き野菜
レンコンのさっと炒め/鶏肉と白菜の煮物/海鮮野菜サラダ/にんじんとナッツの和え物
サラダやパスタ 大豆ミートなどのプレート/ソーセージ入りベジタブルスープ/玄米ごはん
生カキ/ホタテとトマトのサラダ/ラム肉のグリルとズッキーニ
鶏のから揚げ/キャベツと豚肉の炒め物/ちりめん山椒のせ玄米ごはん/味噌汁/漬物
豚肉のしょうが焼き/豚汁/豆腐と青菜と卵のサラダ/ベーコンのネギ巻き/紫大根とにんじんとソーセージのポトフ
内海家の食料庫
総合食品
調味料・油
●塩
●しょうゆ
●味噌
●酢
●油
ファーム
その他

Part5 まずは「自分」から変わる
「最悪を排除すること」からはじめてみる
食を見直すことは、「生き方」を見直すこと
「食を変える」ことで地球を救う

おわりに

主な食品の判断基準一覧

出版社からのコメント
がまんしないで健康を維持するための「読者限定無料プレゼント」

内海氏も実践する、
●放射能や有害物質を除去する食
●発達障害やうつ病など精神疾患に効果的な食
●免疫力を上げてガンやアレルギーを予防する食

について、最新情報を踏まえて語りおろした未公開原稿を
本書をご購入の方限定で無料プレゼントいたします!

※本書の元となった『医者が教える あなたを生かす食事 殺す食事』
(2015年7月小社刊、内海聡著)の読者無料プレゼントと同一のものです。
※無料プレゼントは、サイト上で公開するものであり、
冊子などをお送りするものではございません。
※上記無料プレゼントのご提供は予告なく終了となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

がまんしない医者の食卓 (フォレスト2545新書) [ 内海聡 ]

手取り17万円の勤め人が「僕ちゃん天才」と言い始めたら年2400万円稼げた超成功法則 [本]

第1章 お金持ちの特徴は「自己肯定感」にある
人間を突き動かす「自己肯定感」とは何か?
自己肯定感が高いと、どうなるのか
ストレスに強く、すぐ立ち直れる
自分のルールで生きていると、よいアドバイスがもらえる
自己肯定感がマックスになると、奇跡が起きる

第2章 日本にいては自己肯定感が育たない
日本は世界的に見て自己肯定感が低い国
学校が自己否定感を強くしている
失敗を許さない日本人は危ない

第3章 自己否定感がいっぱいだと、どうなるか
自分の「価値」に気づかず、幸せを感じられない
人を攻撃し、批判するようになる
恋愛も仕事もがんばるほど苦しくなる
お酒などに依存するリスクが高まる
自己肯定感はあとからでも上げられる

第4章 自己肯定感が高くなる考え方
マズローの欲求5段階を超えた「自己超越」へ
人の目ではなく、自分の本当の気持ちを優先する
世間の常識を疑って「自分の常識」で生きる
挑戦はいつでも自由にしてもいいのだと考える
失敗しても命は取られないと考える

第5章 自己肯定感を上げる習慣と言葉の使い方
自己肯定感の高い人は、「プラスの言葉」を使っている
自分をほめると自己肯定感が上がる
失敗談を笑って話すのもいい
妄想や独り言もポジティブに変える
いまの自分を否定しない言い方をする

第6章 なりたい自分になるためのアクション
自分のよいところを書き出す
自分にとっての「成功」を定義する
目標設定をして紙に書き出す
「とりあえずやる」習慣を身につける
マインドブロックの外れた集団に入る
「ちょっと無理かも」というレベルに突っ込んでみる

第7章 自己肯定感を上げてお金持ちになった人々
1 ふんどし王子の自己肯定感アップストーリー
2 グッチー子だくさんの自己肯定感アップストーリー

第8章 世の中はお金をつくる方法であふれている
お金の「使い方」の常識を捨てる!
利ザヤで稼ぐ! メルカリ、ヤフオクで500万円の利益
情報発信がお金になる時代
値段の歪みを見つければ、お金持ちになれる

第9章 クレイジーマインドで不動産投資!
誰も買わないから、安定収入が手に入る
1万円で借りたものを5万円で貸す
至るところに激安のお宝が眠っている
壁がなくても屋根がなくても、借りる人がいるという現実
自分のルールだから負けることはない

第10章 お金よりも大事な無形資産を築こう
無形資産があれば、お金がなくても欲しいものが手に入る
情報を発信することで無形資産を育てる
どんなお金持ちでも、マインドがダメならじり貧になる
「あいつ狂っている」は最高のほめ言葉




本は題名が全てなのかも。つい、手に取ってしまった。内容は、知ってる人には何も新しい所は無い気がする。しかし、苫米地の本の愛読者でない人には良いと思う。年2400万円は不動産によるものなので、私にはしっくりこないけど。

無料本 ドラゴン桜2 [本]




ドラゴン桜は、現代版としての2が出版されています。スマホを使った勉強法などが紹介されてます。今なら無料です。

泥臭さが無くなったので多少物足りない気がしますが、時代なんでしょうね。


ゆっくり動作瞑想「ゆっくり動く」と人生が変わる [本]

私たちの血管や内蔵の働きをコントロールしている自律神経には、交感神経と副交感神経の二種類がある。体を緊張・興奮させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」──。両者のバランスが崩れるとさまざまな不調・病気を招くことが近年明らかになってきているが、ストレスだらけの現代人の多くは「交感神経優位」になっている可能性が極めて高い。ではどうすれば、副交感神経の働きを高めることができるのか。自律神経研究の第一人者として知られる著者いわく、その最も手軽で効果的な方法は「日常のさまざまな動作を『ゆっくり』と行うこと」。歩く、話す、食べるといった日常動作のペースを少し落とすだけで、心と体の「不調」が解消し、常に「健やかな自分」でいられるようになるという。本書では、数多くの一流スポーツ選手のパフォーマンス向上指導を手がける話題の名医が、その医学的メカニズムと実践&継続のためのコツを徹底解説!

「ゆっくり動く」と人生が変わる 副交感神経アップで、心と体の「不調」が消える! (PHP文庫)

ゆっくり動けば、その動作に意識が向けられる。今に集中していることになる。要は瞑想していると同じだ。そういえば太極拳もゆっくり動作で、一種の瞑想とも言えそうだ。自分が今何をしているかを意識すると上手く行くことが多いと実感します。

平日はスピード重視なので、せめて休日はゆっくり動作を心がけて体とメンタルを大切にしたいと思います。


コメント(0) 

「今・ここ」に集中する力──フロー   続ける脳 最新科学でわかった!必ず結果を出す方法 [本]






困難に負けず、努力を続けられる精神力





三日坊主こそ、最高の習慣だった





「グリット」「マインドフルネス」「フロー」――。
世界中の研究から導き出す!エビデンスに基づいた本当に正しい脳の活用法!





脳科学的に明かす! 才能、学歴、IQよりも「成功」を左右する能力





いま世界中で注目されている、成功のための能力。それが「グリット」です。
ペンシルヴァニア大教授のアンジェラ・ダックワースの研究で明らかになった
困難に負けず、努力を続けられる精神力」「やり抜く力」。
これこそが、「先天的才能」「知能指数」「学歴」よりも、はるかに成功に寄与していると研究結果が出ています。





本書は、脳科学の見地からあたらな能力・グリットを解説し、「続ける脳」がどのようにすれば身につくかを紹介します。、情報過多の現代、多くの人は「すぐ飽きる」「続かない…」などモチベーションと忍耐力に悩みを抱えています。また、マインドフルネスフローなど世界の最新心理・科学的な論文から導き出したまったくあたらしい手法を、「続ける」ための視点でわかりやすく解説します。





●目次
第1章 結局、続ける人だけが結果を出す
第2章 続ける脳のつくりかた──意志に頼らない脳活用法
第3章 脳がよろこぶ夢の見つけ方──多様性とセレンディピティ
第4章 「今・ここ」に集中する力──フローとは何か
第5章 立ち直る力──心が折れたらどうするか
第6章 子どもの継続力を伸ばす──グリット的育て方





「成功とは生まれつきの才能で決まり、努力で挽回できるものではない」。最近までそう信じ込まれてきました。しかし、今その常識がひっくり返されようとしています。「才能」や「IQ」よりも大切な要素は「困難があっても続ける力」であると、心理学的エビデンスをもとに提唱されたのです。これが世界的に話題を集める「グリット」です。では「続ける力」はどうしたら身につくのか。脳科学的なアプローチで独自に解説。





私たちは、「学校の試験でよい点をとって、偏差値を上げる」「よい会社に入って、出世コースを歩む」ことこそが成功であると思い込んできました。もしくは洗脳されてきました。才能があるかないか、偏差値が高いか低いかだけで成功者を決めてきたのです。 しかし「才能がない」、「お前には無理だ」といわれ、他者から「ここから先にはいけない」といわれても、没頭して、続けられれば結果が出せます。





マラソンの有森裕子さんは、「まったく才能がない」といわれて、高校の陸上部の監督から入部さえ認めてもらえなかった。また、松岡修造さんも、「才能がない」と何度もいわれながら、それでも続けていました。その後、「才能がある!」といわれていた人たちは次々と消えていき、「才能がない!」いわれた松岡さんだけが最後まで残った。





その人の成功を決めるのは、「才能」でも「知能指数」でもなく、「困難があっても、続ける力」「情熱をもって取り組む粘り強さ」である。





結局、続けた人が成功を手にする。





マンガ『ドラゴンボール』では、目標の達成までにはさまざまな困難があり、意外なことが助けになっています。「続ける」といっても、一つにこだわる必要はない。まずは根性論を捨てることが大事です。目標達成の手段、方法は1つではない。





結局、続ける人だけが結果を出す才能でもIQでもない才能を信じたのは自分だけグリットを測ろう何歳からでも鍛えられる「巨人の星」にみるアンチ根性論欲望を先延ばしできる? マシュマロ・テスト指示待ちでは「支配する私」は育たない「一つのことしかやらない」ではない無駄を歓迎せよ金メダルはめざさなくていい





続ける脳のつくりかた──意志に頼らない脳活用法「やる気」に頼ってはいけない完璧主義を捨てる「邪魔なもの」は脳の刺激になるイースター・エッグを仕込め!目標はいってはいけない内に秘めると力に変わるサプライズ法で前頭葉のはたらきを鍛える細かな報酬を大事にする





脳がよろこぶ夢の見つけ方──多様性とセレンディピティ夢は偶然の出会いからグリットと長期記憶迷ったら、原点に過去は変えられる決意がすべて解決するほのぼのした記憶が楽観性を生む本当の成功とは何か





他人の評価に依存しない評価を多様化する苦手に目を向ける人工知能への挑戦幸せの条件を捨てる





「今・ここ」に集中する力──フローとは何か課題に没頭する条件面倒な仕事を片づけるタイムプレッシャー課題に意義があるかは関係ない「モーツァルトの1分」を生きるマインドフルネスで感受性を磨く決めつけない人は幸福になれる判断をしない練習教養は何の役に立つか?





立ち直る力──心が折れたらどうするか挫折との付き合い方 ポイント1:人間関係は「弱いつながり」を大切に ポイント2:期待しない ポイント3:基準を知る ポイント4:エラー信号を見落とさない ポイント5:失敗はチャンス ポイント6:感情と論理を切り離す ポイント7:人生のユニバーサル・モーターをもつ





子どもの継続力を伸ばす──グリット的育て方子どものしつけは厳しく? 甘く?報酬は「物」ではなく「認める」子どもが夢中になるには成功体験を蓄えてグリット・サイクルをまわすダメ出しはどのようにするか自発的な子どもを育てるために本質を見抜く力「これが私だ!」を探す課題





大人の役割は何か?なぜ「本物」がよいのか「天才がつくった」という思考停止プロジェクト型学習の最大の効果「やりたい」を形にする最後の質問



コメント(0) 

カークランド(Kirkland)5%